攻略の環境は整っている|アロマセラピストで癒す|ほっこりした心地よさにお客もメロメロ
勉強道具

アロマセラピストで癒す|ほっこりした心地よさにお客もメロメロ

攻略の環境は整っている

設計図と家

自己管理できる人は

宅建資格を狙う場合、予備校等の機関を利用するか独学で狙うかと悩む所です。この試験では独学を選択する人の方が多いです。何故独学を選択するのか。予備校等に比べテキストを揃えるだけなので費用を安くできます。受ける予備校のケースによりますが、10万円程の費用がかかる所、独学では2万円以下で済む費用面のメリットがあります。また、通学できる所に住んでいても通学にかかる時間は無視できません。往復時間もかかり、仕事をしているなら都合をつける必要もあります。独学では時間を自分で有効に使えるメリットがあります。宅建試験は独学で合格を狙える試験ではありますが、試験内容は法律問題です。ある程度の期間勉強を継続的に行える人は、独学の選択も間違いではありません。

苦労せず情報収集できる

宅建試験を独学で勉強する際、情報収集をどうするかが課題になります。宅建試験の科目は民法や宅建業法などの法律問題です。法改正は毎年行われ、改正された部分の出題もあります。また統計データを問う問題もあり、最新の情報を収集しておく必要があります。予備校などの機関を利用していると、必ず対策や改正ポイントの配付がありますが、独学では自ら正しい改正情報を取得する必要があります。しかし、その心配は解消されています。ネットの普及により改正について法務省のホームページにアクセスできますし、直前期には市販で改正をまとめた参考書が販売されます。宅建試験を独学で目指す人と、予備校利用する人の大きな差は情報収集力ですが、全ての情報は個人でも容易に取得できるので差はありません。