試験対策は確立されている|アロマセラピストで癒す|ほっこりした心地よさにお客もメロメロ
勉強道具

アロマセラピストで癒す|ほっこりした心地よさにお客もメロメロ

試験対策は確立されている

メンズ

試験は特殊だから対策を

介護福祉士の資格をとることで、業界での優遇や社会的信用度が増します。仕事の安定感からローンを組む際も信用度が違います。介護福祉士の資格をとるためには多くのルートがありますが、最終的な違いは実技試験が免除かどうかです。介護福祉士は国家資格です。業務の特殊性から筆記試験合格後、実技試験にも合格する必要があります。必要な知識を有しているか・必要な技術を有しているか判定します。養成所に通う以外にも実務経験3年以上で受験資格を選ることができるのも特徴の1つです。筆記試験には11科目から出題されます。科目数は多いですが配点に差があり、苦手科目をカバーできます。医療分野もしゅつだいされますが、介護福祉士として知っておくべき範囲の基本的な内容です。複雑な思考を必要としない基本的な事が問われるため、対策しやすい試験といえます。しかし、実技試験は介護の1つの場面でどのように対応するのが正しいかが問われます。経験したことのないケースもあるので対策には入念さが必要です。

問題は実技試験だが

介護福祉士の試験では筆記試験と実技試験があります。目指す人も多く、注目されている資格試験であるので対策本は多く出版されています。参考書は多くあるのでどれを選べばと悩むでしょう。範囲は広いが1つ1つは深いところまでは必要ないので、一冊にまとめられているものを選ぶとよいでしょう。数冊に分けられていると費用もかかります。筆記試験は通りやすい内容ですが実技試験は対応するのが難しいです。年一回しかない試験で、筆記試験にせっかく合格しても実技試験で落ちる事もあります。そうなるとまた来年に筆記試験から受けなければなりません。そうならないように対策があります。費用は発生しますが介護技術講習を受講することで、実技試験が免除になります。講習期間は長い時間とられますが、一年に一回しかない試験。自分の合格率をあげる選択として検討する価値はあります。